ホーミータイツ☆リレーエッセイ

ホーミータイツのメンバーによる、独り善がりなエッセイ。
あなたを強く抱きしめタイツ!
<< 腐ってく(絶望のエスキス) | main | オーバー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2012NEVER DIE
image.jpeg

職場にカツラの方がいらっしゃいます。

繰り返しになりますが、よろしいでしょうか?

彼は最近よく、ある特定の例えを使います。それは、

「〜したらどうですか?まるで猫ひろしのように。」

というモノです。ジョークのまとめとして使ってらっしゃいます。何かを少し行き過ぎな位キッチリするというビジネスジョークのまとめです。いいんじゃないでしょうか。

以前、友人の牧さんに誘われて阿佐ヶ谷ロフトに飲みに行った時、猫ひろしさんは出番が終わって丁度帰る所で、色んな方にあいさつをしていました。僕にも「ありがとうございました。」と言いました。いい人でした。牧さんもご馳走してくれて、ありがとうございました。

同級生の千葉君から久しぶりに電話がありました。彼は高校からの親友です。久しぶりにライブをするそうで、つい嬉しくなり、必ず行くと約束しました。彼は仙台に住んでいて、ライブは3月末の金曜日。間に合うか分かりませんが、必ず行こうと思います。「乱入して、メチャクチャにしていいぞ。」と言ってくれました。彼は昔からちっとも変わっていません。ガンマ線のように真っ直ぐです。

千葉君のお陰で、僕の人生は変わりました。素敵な悪い方向に。とても感謝しています。

大学ノートに飛び散る、詩にもなれない、最初から死んで生まれた言葉達。『家族を殺したい』と冒頭にはありました。その悲しい強烈さに僕は惹かれ、そして友達になりました。今でも忘れられません。


いい歳して、直線的なバンドをやってる同級生は僕と千葉君と菊池君だけになりました。菊池君は僕じゃないもう一人のキクチ君で、今はブルペインキャッチャーというバンドをやっています。高三の時、僕達はシャロームというバンドを組みました。ヘブライ語で平和という意味です。当時赴任していたアメリカ人教師の方に教えて貰いました。何となくカッコいいかなと思って。ランシドとクーラシェイカーのコピーとオリジナルを一曲やりました。楽しかったぁ。僕はベースでした。レイジアゲインストザマシーンを死ぬほど簡単にして展開も二つしかないオリジナル曲は今聴いても本当にカッコいい。

話がとっ散らかったけど、一番最初に組んだバンドは一番カッコいい。

| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:19 | - | - |










一番上へ