ホーミータイツ☆リレーエッセイ

ホーミータイツのメンバーによる、独り善がりなエッセイ。
あなたを強く抱きしめタイツ!
<< オーバー | main | 金曜日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
他人様
友達や、知り合いでない人のことを他人という。互いに相手のことは知らない。もしくは一方的には知っているが、知り合いではない。

僕はこの“他人”のことを敵だと思ってしまうクセがある。敵といっても、こちらから敵視するわけではなく、こちらが敵視されていると錯覚してしまうのである。つまり、いろんな人を知れば知るほど敵が増えていくのだ。これはしんどい。生きづらい。一人で勝手に生きづらくなっている。

知り合いでない人とは仲良くなれない、と決めつけて、そう思い込んでいる。知り合った人でさえ仲良くなれない人もいるのだから、知り合えない人、知り合わない人は尚更だ。そういう人は、きっと自分のことを疎ましく思うに違いない。

音楽活動に関して言えば、こちらが一方的に知っているミュージシャンなんてたくさんいて、毎日そこかしこで演奏している。つまりそこらじゅうで敵が演奏しているのだ。ね、大変でしょう。

敵と居合わせた場合、どう対峙するか。僕は好戦的な人間ではないので、無難にやり過ごすか、もしくは、避ける、逃げる、隠れる。やっぱり居どころなんてないんである。

自分がライブをするときだって、演奏だけステージにちょこんと置いてきて、あとは一目散に逃げる。音楽が煙玉。音楽が傀儡。演奏することで全てを煙に巻いてやる。音楽で全ての他人を欺くのだ。ざまあみろ!
| ごとうはるか | 新・さらさら日記 | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:10 | - | - |










一番上へ