ホーミータイツ☆リレーエッセイ

ホーミータイツのメンバーによる、独り善がりなエッセイ。
あなたを強く抱きしめタイツ!
<< 「第五回珍々音楽会」いよいよ明日! | main | ヘレン・ケラーと僕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「マイクと宅録が出来るレコーダーを手に入れるんだ。世界が変わる。」
ピクシーズの新作が出ました!!
(23年ぶり)

発売前日まで、数曲の視聴を重ねる事は、わたくしにとっては、間違いなく最近の生き甲斐でありやした。

(「最近の」がミソです。それがロック瞬間芸説、それでヨロシク。)





ピクシーズには、超影響受けましたよ!!

と、性懲りも無く言える年齢になりましたよ。。。
(ぼやく年男)

恥ずかしいと思える事が、少なくなって来ましたね。

だから、あ・え・て・・・ネ。


20歳の時に始めて組んだバンドで、
(チャイルドシート、、その名も)
似ても似つかぬ曲を作ったりしました。

だって、ピクシーズには、超影響受けましたから!!(周回遅れのフォロワー)

ちなみに僕、ベースでした。

キム・ディールでした、僕。

今アルバムのレコーディング中に脱退したそうです。

再結成して、7年近くのツアー、いざレコーディングに入ったものの、

「明日の飛行機で、アタイ帰るわ。」と、休憩中の喫茶店で言ったとか。

バンドって大変ですね。

バンド:【名詞】
メンバーと呼ばれる複数人の男女(性別は気にしない)で構成される集団。主に音楽を演奏するが、いいバンドはそれ以外の時間(人間関係などの親密さもしくは軋轢)においてもハーモニーもしくはディスハーモニーする。メンバー各人の人生のクロスロード。それが、3次元にも4次元にも絡み合い、転がる(ロール)する。

調子が良ければ、一枚岩(ロック)となる。



ボーカルのブラック・フランシスはデブでハゲています。

キムは体育教師のようです。


少なくとも、ビートルズじゃない。


10代の僕にとっては、そこが重要でした。


コンプレックスと自意識過剰が無くならない限り、ロックンロールの夢は続いていきます。

(菊地)
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:06 | - | - |










一番上へ