ホーミータイツ☆リレーエッセイ

ホーミータイツのメンバーによる、独り善がりなエッセイ。
あなたを強く抱きしめタイツ!
<< 思い出すあの頃 | main | たましいの場所 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
絶対服従の覚悟
20061003_237019.jpg神保町駅前の交差点に男がひとり。僕が察するに彼は独身サラリーマンで、茅ヶ崎に住んでいて、“本当の初恋”はまだ訪れていないと信じていて、魚肉ソーセージが大好物だと思われる。さらに察するに彼は、僕であると思われる。
神保町駅前の交差点に男がひとり。さっき、小道を入ったギター屋さんで目が合ってしまった。入荷したばかりのB-25というギターと目が合ってしまった。できるなら“本当の初恋”の相手と目が合えばよかったのに、なんでよりによって目さえついてないこんなギターなんかと目が合ってしまったんだろう。馬鹿馬鹿しい。腹立たしい。だから僕は言ってやったんだ、店員さんに言ってやったんだ、ハッキリとキッパリと言ってやったんだ、「これ、ボーナス払いできますか?」ってね。というわけで今回は機材紹介です。

【Gibson B-25】
それがたとえアメリカ製だろうが、買い主は日本製である。日本製の買い主は日本の文化・風土・気候で育ったわけだからこれを最重視するのである。具体的には“年功序列”を“当たり前のこと”として理解しているのである。だから1968年、アメリカのどこかで生まれたこのギターは僕の先輩であり、親も同然であり、絶対服従の覚悟はできているのである。

ちなみにこのギターよりも先輩であると思われるEdward Van Halen大先生は、かつてYOUNG GUITAR誌でこう仰られた---「この前来た若いスタッフは、俺のギターのネックを拭きやがったもんだから、その場で即刻クビにしてやったのさ
当日高校生だった僕は、横浜駅地下の有隣堂でYOUNG GUITAR誌を立ち読みしながらホッと胸を撫で下ろした・・・よかった。Eddie大先生のギターを誤って拭いてしまわないでよかった。クビにならなくてよかった。雇われる前にクビになるのだけは嫌だ。僕は以後一切、ギターを拭かないと誓ったのである。


もちろん。ボーナス払いもご利用いただけます
「じゃあこれください」
ありがとうございます

このギターはだいぶ年をとってますから、一緒に年をとっていくつもりで扱ってくださいね
「といいますと」
ちゃんと手入れした方がいいですよ。クロス(布)、つけときますから
「そのクロスでギターを拭けということですか?」
はい
「すみません、それはできません」
そうなんですか
「ギターの大先輩が“ギター拭くヤツは即刻クビだ”って」
その大先輩、間違ってますね
「なななんと」


その晩、家でギターを拭いた。大先輩のEddie大先生よりも、目の前の1968年生まれの先輩を大事にした。僕はEddie大先生のスタッフにはなれなかったけど、かわりにこのギター、素朴な音がして弾きやすいのである。
| みぞべしんすけ | 愛器の哀記 | 02:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:31 | - | - |










一番上へ