ホーミータイツ☆リレーエッセイ

ホーミータイツのメンバーによる、独り善がりなエッセイ。
あなたを強く抱きしめタイツ!
ライド!ライド!!ライド!!!
週末は朝から飲む。自分に試練を課している。コインランドリーで洗濯しながら乾燥機タイムで朝飯とビールを買い込んで洗濯物を干しながらストーンズ(ベスト盤)を聞きながら飲む。俺にはストーンズの良さは分からない。ただ先月見た映画は燃えた。1日働いた足の匂いを六本木ヒルズの映画館に撒き散らしながら、「教養としてのストーンズ」みたいな顔をした紳士にイヤな顔をされながら観た。ただのスケベだと思って思い切りアーモンド臭を嗅がせてやった。

キースさんはすごく楽しそう。チャーリーは多分演奏中に死ぬと思う。ミックさんはオリンピック選手のようだ。ロンさんは大変そうだなぁ。大成功して色々あってもバンドを続けてるんだろうけど、何もなくても毎月自腹でライヴを続ける私どももなかなかのモンだ。こういった事柄については多分一生考え中なので叱られたら凹むだけだ。

いまだにストーンズの良さは分からない。いまカレーを食いながら書いてるのだが、カレーが辛すぎて酔いが覚める。今夜はタイツのライヴ。

タイツはいつだってイヴイヴな気分。イケたためしはないしイケたらお仕舞いだろう。今年はあまのじゃくな自らを治したいが、果たして治すべきか判断は6月まで待ってみよう。

世の中にはいい文章を書く人が沢山いて人生の舵取りなんて自分次第だとつくづく思う。破滅したい人はしたいからするし、優しい人は無償に価値を見いだす。

あと人前で噛まないように話せるようになりたい。だってみんなに気に入られたいから。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 11:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
海の日の僕は一年の早さに少しウンザリ
notitle004.jpg
タイツメンバーの影響でカメラにはまりつつある。昨年の冬にコンパクトカメラを買ってからフィルム約20本目。イカした一枚が撮れた。仕事の昼休みに駅前のミニラボから受け取った写真を見て思う。「ヤバい俺。天才かも。」夏らしい熱病はこうして始まった。

職場の三軒隣り、フィルムカメラしか置いてない中古屋さん。ライカやニコンやローライローライフ。中古なのにピカピカ。100万オーバーはザラだが、店主は商売が上手い。「3万5千円出せないか?私に任せてくれ。火曜までに何とかしよう。」キャノンの70年代の筐体に良さげなレンズを組み合わせてくれるらしい。気に入った。つぎはぎ上等。僕はバカだから気に入った人に金を出す。品物はどうでも良い。おじさんだってカメラバカだ。バカは高い所とバカが好き。

おじさんは親切にカメラの解説をしてくれた。全く分からなかった。勉強の為に携帯で検索。ブックオフでカメラ入門探し。「誰の中にもある日本の原風景を・・・」みたいな写真の解説がウザい。撮りたいものは決まっている。半径2mのブサイク。

それにしても金がない。カメラ代を捻出しなければならない。文字通り捻り出すのだ。ティム・アームストロングは「21歳金がない。」と歌ったけど、僕は30歳相変わらず金がない。朝起きると最初に「金ねぇなぁ。」と思う。

正月に手に入れたカマカのヴィンテージウクレレを売ろうかと思う。取り出して最後の気持ちで弾いてみる。かわいくて抱き締めたい衝動にかられる。チューニングも合わない不良品のくせに愛おしくてしょうがない。一生離してなんかやらないんだからっ!。

読み終わった本でも売ろうか・・・。

| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩室の湯煙に消ゆ 2008 【中】
午前中の田植えを終え、待ちに待ったお昼ごはんです。

関係者席(?)でお昼ごはん
関係者席

お昼はホルモンですよ!
お昼ごはん

みぞべさんの機嫌もこのとおり
復活!

ズズズ…
ズズズ…

うっ
うっ

うまい!
うまい!

アルコールによって戦意喪失する店長とキクチ氏
戦意喪失

同じく戦意喪失したみぞべ氏
同じく戦意喪失

グレートデリシャスな昼食を終え、もういっちょ植えますよ。

【下】に続く…
| ごとうはるか | 新・さらさら日記 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩室の湯煙に消ゆ 2008 【上】
今年もやってきました。田植えの季節です。

今年のアピア米田植えの日程は、奇しくもホーミータイツのライブ、しかもエレキ編成のライブの翌日でありました。

「うーん、これはしんどい!」

一時は参加をあきらめかけたものの、なんとか店長の車に乗っけてってもらえることになり、「寝たら終わる!」の号令のもと、打ち上げっぱし飲みっぱなしのまま屍と化し、やがて青梅街道で拾い上げられ、新潟へと運ばれていったのでした。

屍と化す一同
屍

車中、泥のように眠った僕らは新潟は岩室の地で復活!見事に蘇生したのであります。

今回はあいにくの曇天(さらに霧雨)。と思いきや、これくらいの天気のほうが疲れなくていいのだとか。

まずは談志の田んぼにご挨拶
実直

作業着に着替えます。

あきらかに下半身がおかしい
おかしい

どう見てもおかしい
絶対おかしい

絶対おかしい
どう見てもおかしい

きけん分子
きけん分子

そしていよいよ田んぼへ。

着いたー!
着いた!

さすがに下半身について店長に厳しく指摘される
店長による指導

孤独に植えるキクチ氏
植えるキクチ氏

気合十分
気合十分

緑がまぶしい早苗
植える早苗

今年も植えました
植えられた早苗

徐々に表情が曇るみぞべ氏
表情が曇るみぞべ氏

もう疲れたー
疲れたー

「持つよ」
すかさず下半身の件について挽回しようとするキクチ氏
友情

とにかく、移動しますよ
移動

【中】に続く…
| ごとうはるか | 新・さらさら日記 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰省
080506_1613~01.jpg

ぷらっと岩手に帰った。前々回のエッセイに出てきた友達とやっと連絡がとれたのだ。連休の最終日、チャリカルキという劇団の劇中バンドとして出演するとの事。「じゃ行くよ」と僕。約10年振りにヤツと会う。飲む。深夜の歌合戦。アンサーソングの奥州(応酬)。感無量。

歌を唄い続けて本当に良かったと思える瞬間も、やはり歌の中にあった。

チャリカルキさんの舞台はお客さんを巻き込んだ楽しいものだった。彼の歌と一緒に物語を紡いでいく。

ところで本公演が行われた角蔵ホールは築120年の蔵をそのまま使用したスペシャルな空間。柱の一つに遠藤ミチロウさんのサインを発見。嬉しくなる。

打ち上げでは当然のように歌った。おばあちゃんが見てくれて嬉しい。唄とタイツに一人感謝。

最終の東京行き。新幹線の中で暖かな気持ちを静かに味わう。東京が恋しくなってる自分がいた。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
いい人はどこまでもいいね
080330_2036~01.jpg

先週あさま山荘事件を扱った映画を見に行ったんだけど、ラストの山荘に立てこもるくだりで最年少の男子が「俺達は勇気がなかっただけだ」と叫ぶシーンがあって、いまここに立つ僕にビシッと刺さりました。じゃあ勇気って何?と問われた所で全く説明に足る言葉を持たない自分にアララと思い、また可愛いとも思う訳だ。

この前下北沢のライブで店員の対応が接客業の観点から見て非常に遺憾だったので、思い付きで別の店員(ステージ端にいてマイクケーブルの絡まりを直す男子。音楽インテリ風。)をライブ中にステージ端に追い詰め乳首を気持ちキツク噛んでやった。後で「ごめんね。ありがとう。」と言ったら、「いいんですよ。」とニッコリ笑ってくれた。嬉しかった。

もう一つ。僕はお客さんの会社に出向して仕事をしているのだけど、そこの部長さんは今日が異動前最後の出勤日。そのフロアで一番偉い人だし実際二回しか話した事がなかったけど、人柄が伝わって来て好きだった。最後に「(ほかの事はどうでも良いので)とにかく身体に気をつけてお過ごし下さい。」と言ったら部長は子犬のような顔になって帰る僕を見送って下さった。嬉しかった。

この二つが最近勇気を出して良かったなぁと思う事だ。勇気は出すまでが大変だが出したらあとは何とかなるのでとりあえず出すだけ出すべし。そのように思われる。

早川義夫さんが「いい人はいい音を出す」と言っていたけど、いい人は文章もいい。しばらく会ってない音楽友達や最近ファンになった歌手のブログは音楽同様僕の気持ちにスッと入ってくる。きっと喋ってもいい感じだろう。

 土曜日に高円寺で観たマダムギター長見順さんは遊びたくてはしゃぐ犬のようで心配になるほど無防備に音楽を手渡してきた。最後の「舟唄(八代亜紀カバー)」、ハンドマイクで客席を駆け回り壁際に立っていた僕と掛け合いをしてくれた。みんな笑ってくれて嬉しかった。近くで見る長見さんは目がイッてて、写真で見るライブ中の僕みたいだった。「あぁ僕は間違ってないんだ」と思った。また勝負したい。いつかタイツで会えるだろう。

桜が咲いている。白い桜がたまにあってこれがまたよろしい。ビールを飲む。味噌汁を作った。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
そっちはどうだい?
高校生の頃は自分がステージで歌うなんて可能性のない夢だと思っていたし、実際ステージ下から同級生のコピーバンドに歓声を上げる方だった。それから数年後、今年で10年目、僕はステージにいる。月に3回位(笑)。

 この前初めて買ったライダース。ロックの革ジャン。シド・ヴィシャスの死装束。大嫌いなゴキブリみたくテカテカに光るようにクリームを塗っては眺めてウットリ。ふとあいつの名前を思い出す。検索してみた。

高校生の時、ヤツはステージの上から太々しく俺達を見下してた。学校一のギタリスト。10代のガキンチョには十分なアイデンティティーを肩から下げ、あいつは2年の時にさっさと高校を辞めて仙台、そして東京へ行ってしまった。

僕も上京して久しぶりに合ったのは19歳の頃。ヤツは相変わらず。デビューしたての椎名林檎の1stシングルを部屋で流しながら言った。「コイツいいだろ?俺が見つけたんだ」

しばらくして彼女のお腹が大きくなってしまい、彼はアイデンティティーをケースにしまって地元に帰った。

そんな彼のブログを見つけた。ほぼ10年ぶりに触れるその後。文章を読んで彼がいまどんな人間かすぐに分かった。落ち着いた、少しブルーがかった文体。でもそれは太々しいあの時の顔と、実は少しも変わらない裸の姿だ。宝石が光の加減で時に荒々しく、時に儚く見えるのと同じで、実体は少しのブレもない。

計り知れない苦悩が色々あったみたい。でも音楽からは離れていないようだ。嬉しさがこみあげる。今も沢山の音楽を聴き、沢山の本を読んでいるみたい。

あいつに僕の歌を聴いて欲しい。いまならタイマン張れる。勝ち負けじゃないけど、勝ち負けなんだ。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
明けましておめでとうございます
ホーミータイツを応援して下さる皆様、いずれ出会うであろう皆様、今年もよろしくお願い致します。

音楽ってすごい。いい人が演る音楽はやっぱりイイ。聞いた瞬間効いてきて心を無条件に解放する鍵だ。歌の中に(スピーカーの中から)自分に向けて歌う自分を発見する。去年もそんな瞬間を沢山味わった。今年はそれをもっと堪能するのがホーミータイツの目標です。勝手に決めました。毎年そうだからあえて言わなくていいけどね。

そんな素晴らしいハラワタ全開ソングに最近は良く出会います。自分がどんどん開いていくのを感じるのは最高の気分です。

中島みゆきさんの最新アルバム「I LOVE YOU,答えてくれ」にはぶっ飛ばされた。闘い続ける嘘つけない人。だから大変なんだけどそれ故に圧倒的。真っ直ぐ突き刺してくる。自分自身も傷だらけで。

週一で立ち寄る最寄りのブ○クオフで500円で買ったジミー・クリフの73年位までのベスト。泥臭いレゲエをイメージしてたけど全く逆で腰を抜かした。素晴らしいポップソングがこれしかありえないというバランスで結晶していた。一つジャンルに収まらず、音楽そのものが直球で飛び込んで来るのは、この人が真のオリジネイターである証拠だ。エンケンと同じで自分の歌を歌ってる。もっと沢山聞きたい。歌詞を自分なりに訳したらさらに楽しめた。とっても良い歌詞。言葉の解釈って力量がいると痛感。特に想像力の。頑張ろうっと。

最近買ったエレキギターと同じモデルを使っているアーティストという理由で聞いたマウンテン。とっても気に入った。いい音楽はみんなスウィングしてる。うぉりゃーって言って。

同じくジョニー・サンダースのライヴ盤!!イッツオンリーロックンロールですが何か?って感じ。文句ないッス。エレキでギンギンに15曲位ぶっ飛ばしてからアコギの弾き語り。放っとけない、お金貸してあげたくなるような人がダメっぷりを真っ直ぐ歌う。すると何故か美しさが生まれる。音楽的錬金術。スゴイや。

キ○ガイの演る音楽。精神的不具者の歌。間違いなく正しい。スタイルから入って、スタイルから這い出るのだ。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
続・岩室の湯煙に消ゆ
 9月23日、アピア米の稲刈りに参加しました。5月の田植えに続き、今回もメンバー三人での参加です。

 5月からあっという間に黄金色になった稲たちに胸が躍ります。

黄金色の海
たわわに実りました


 今回ももちろん機械ではなく手で稲を刈ります。

みぞべ刈ります
シックル・キクチ


 少しずつ束にしてまとめていきます。

束にします


 田植え以上にハード? 腰に来ます。

腰に来ます


 昼食をはさみ、軽トラで移動します。

キクチ
みぞべ
店長とごとう


 今度は稲を干すための棚を竹で組みます。縄で組んでいくのにはテクニックを要します。

棚を組みます


 その棚に刈った稲を干していきます。

棚に干します


 これでようやく一段落。夜行移動の寝不足もなんのその、よくはしゃぎました。

稲穂とみぞべ
キクチと稲穂


 あとは脱穀、精米です。早く食べたい!

| ごとうはるか | 新・さらさら日記 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
海の日の僕は50mしか泳げない
 息継ぎが出来ない。

3連休の最終日、何もしないで家にいるのは精神が腐る。なので暇があれば飲む事にしている。チョコレート菓子とウィスキー角瓶。飲めないのに、飲めないから甘い物が好きなのに両立。ウィスキーは美味い。甘くて。

糖尿病ってどんなんだろうか?甘味がなければ世の中は塩味だらけ。しょっぱい世の中になる。

自宅録音を久しぶりに始めようと思う。下らない、しょうもない自分だけの歌を沢山カタチにしたい。仕事中に口ずさむだけで却下されていた歌の数々を残したい。

機材を少しずつ揃える。手始めのヘッドホンを慣らし運転。イースタンを聴く。酒によく合う。心拍がタテノリ。ヘッドホンも次第に音抜け良好。音楽に乗って音楽を飛び出したいと思う。

19時から久々のタイツ練習。いい曲をみんなで作りたい。聴かせたい。
| キクチノブヒロ | 新・さらさら日記 | 13:28 | comments(0) | trackbacks(1) |

一番上へ